ブログ更新は、しばし休憩します。

太陽線は『人気運・成功運・金運・芸術的センス』を現す|線が出ていればラッキー相!

運命線に続いて、重要三線(運命線・太陽線・財運線)の中から『太陽線』についてです。

太陽線は、誰でも必ず出ている線では無いので、線が出ていればラッキー相になります。

線が無くてもガッカリする必要はありません。若い時なら出ていないことも多いし、薄っすらと線がある人も多いです。太陽線も、今後の生き方や努力次第で線の状態は変化します。

太陽線とは?

どこを起点としても、太陽丘(薬指)に向かって伸びる線は、基本的に太陽線になりますが、通常は感情線から上の太陽丘に伸びる縦線を太陽線と観ます。

太陽線は、線があるだけでラッキー相です。ただし、太陽丘に3本以上の縦線があるなら、『迷っている状態』と少しネガティブな意味合いがでてきます。

さらに、どこが起点でも長い太陽線が出ていれば、超ラッキー相になります。

太陽線も色んなとこから伸びる

太陽線が1本くっきりはっきり強く長く伸びている人は滅多になく、1本線で長く伸びていれば超ラッキー相になります。

くっきりはっきり1本線にはなってないけど、切れ切れでも太陽丘まで届く長い太陽線になっていれば、『良い相を持っている人』になります。

太陽線の意味・特徴

太陽線は、『名誉・名声・人気運・成功運・金運・芸術的センス』などを現します。

私は、『人の縁や人間関係・他人との関わり方を現している』とも思っていて、経営やビジネスの世界で言われる「ヒト・モノ・カネ」の「ヒト」に関わる線だと思っています。

「ヒト」に関わる線なので、太陽線で観る金運・財運線は、人の繋がりから生じます。例えば、職場で上司や周囲の人に引き立てられ昇進したり昇給したり。お客さんからお客さんを紹介されたり。

人が人を呼んでくれることで、その人の運気や金運・財運が上がる。という感じ。「金は天下の回りもの」と言うように、人が寄ってくる人徳があれば、おのずとお金も巡ってきます。

太陽線は「現状への自己満足線」でもあり、現状の環境や状況、置かれている立場に満足している充足を感じている、常に周囲への感謝をしている人は、良い線がでます。

手相観のコツ

若い人は線が薄かったり弱かったりする人が多く、今のようにコロナで人に会わない・他人との関わりが希薄になると線も弱まったり薄まったりします。

太陽線が無い人は、他人と深く関わるのが苦手な人が多い印象です。心の扉を閉じているイメージね。面倒くさいと思っている人も、案外多くいます。

薄っすらと線がある人は、他人との関わり方において、本来の良さが活かしきれてない状態。根は明るいのに他人がいると緊張して自分を出せないとか気を遣いすぎて自己表現が抑え気味とか。

右手には太陽線があるけど、左手には無いって人は、外向きには普通に愛想よくコミュニケーションが取れるし、周囲の人からも信頼され慕われている人ですが、深い付き合いは苦手な人。と観たり。

反対に左手には強い線があるけど、右手が弱いって場合は、身内(家)の中では元気いっぱいの明るい人なのに、他人の中だと控えめな人になる。と観たりします。

本日のまとめ

  • 太陽線は、誰にでも出ている線ではない
  • 太陽線は、線があるだけでラッキー相
  • 太陽線は、人気運・成功運・金運・芸術的センスを現す
  • 太陽線は、他人との関わり方も現す
  • 左右で線の出方が違う人が多い

でしたー。